休日救急当直医制度
急なご病気にかかられた患者様へ

まずは概要をお読み下さい。

概 要

・瀬戸旭医師会では休日に救急当直を行っています。

・当直医への受診は急病患者に限ります。

・当直医の予定表は瀬戸市・尾張旭市の広報または下記ページをご覧ください。

時間が御座いましたら下記をお読み下さい。

 当医師会では、かかりつけ医の診療時間外で急病にかかられた患者様に、輪番制での救急当直を行なっています。

 皆様、救急医療は重症度により123次救急に分れているのをご存じでしょうか。急病にかかられた患者様にとっては、どの重症度に当てはまり、どの医療機関に行けば良いのか、迷われることと思います。大まかになりますが、1次救急は入院を必要としない、2次救急は入院を必要とする、3次救急は多くの場合救急車を要請し、一刻も早く治療を行なわないと命に関わる状態の方々になります。当医師会では、その中でも1次救急(初期救急)を担っております。

またもう一つ、大切な業務として重症度の判断を行なっております。通常は感冒や軽いケガの方を対象にしておりますが、入院が必要で有ると判断した場合は,適切な高次医療機関の専門科に紹介しております。どの医療機関に受診すれば良いか分からなくても、まずは当医師会の休日輪番当直にご来院頂くか、電話にてご連絡、お問い合わせ下さい。適切に対応させて頂きます。

患者様方にはご理解頂きたいことが二つ御座います。一つ目は救急車が行き場を失う、いわゆる「たらい回し」です。原因の一つに高度医療機関に123次救急全ての患者さんが大勢来院され対応仕切れなくなっていることが上げられております。1次救急の患者様を当医師会で対応し、高次医療機関に少しでも協力していきたいと考えております。

二つ目は「待ち時間の長さ」です。ご自分の仕事などの都合のみで時間外に受診されますと、大勢の患者様を長い時間つらい状況でお待たせしてしまいます。急性期の病気の多くは休養が第一です。仕事を休まず倒れてしまっては元も子も有りません。早めに仕事を切り上げ診療時間内にかかりつけ医へ受診しその日はゆっくりと養生して下さい。

この地域の救急医療を維持するためには地域の皆様のご協力が不可欠です。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 救急医療担当 理事 大竹一生

平成29年 3月 当直医予定表 平成29年 6月 当直医予定表
平成29年 4月 当直医予定表 平成29年 7月 当直医予定表
平成29年 5月 当直医予定表    
*当直医は変更されることがあります。
 案内電話にて確認下さい
診療科目: 内科・小児科
 
お知らせ
     平成29年8月から休日救急医療の体制が変わります。

 この地域の休日における一次救急医療については、昭和28年から当医師会の
在宅輪番制にて対応してまいりましたが、
平成29年8月より瀬戸旭医師会館敷地内(瀬戸市西長根町7番地)に
新しく瀬戸旭休日急病診療所を整備し、拠点化を図ることとなりました。
 8月6日からすべての日曜日、祝日、年末年始の内科および小児科の診療は、
新たにできた休日急病診療所での診療となりますので、
皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
     
案内電話
当直医療機関は当直時間帯に急病の方の治療で
手が離せない事が多いのが現状ですので
当直医療機関に直接電話で問い合わせをする事は避けて
この当直案内電話を御利用下さい。
瀬戸市 0561-82-0022
尾張旭市 0561-53-7745
救急当直時間
内科系当直  休日 午前9:00〜12:00
午後4:00〜7:00
*当直医制度を守るために、当直時間内の受診の是非御協力下さい。
会長: 黒江幸四郎 A会員: 116名 B会員: 106名
〒489-0929
愛知県
瀬戸市西長根町10番地
 一般社団法人
 瀬戸旭医師会
TEL 0561-84-1155
FAX 0561-84-5776